脱毛を大学生の時にしました

私は脱毛を大学生の時にしました。
前から脱毛に興味があったのですが、なかなかお金がかかることだし出来ないでいました。
でも友達と海に行くことになって、その時に今まで思っていた以上にムダ毛が気になってきたので脱毛をすることにしました。

私はクリニックではなくて脱毛エステサロンで脱毛をすることにしました。
クリニックはどうしても高くてそこまでお金が出せないので、最近低価格になってきた脱毛エステサロンですることを選びました。

私が脱毛エステサロンを探すのに利用したのがクチコミサイトで、そこで値段的にも効果ので具合的にもいいかなって思えたある大手の脱毛エステサロンを選びました。
そこは今ならワキの脱毛がキャンペーンとして無料で何回もできるということで、他の部位も脱毛したかったし、ワキも脱毛したかったのでちょうどいいと思って契約しました。

ここの脱毛エステサロンは解約の時に解約金もいならいし、残った分の回数分のお金の変j金もしてくれるということで良心的だと思え、ここなら任せられると思えました。
私はここで、ワキとひじ下とひざ下の脱毛をすることにしました。

回数分を買う制度だったので、ひざ下とひじ下を18回する予定でいきました。
途中でほかの部位にも移行できるということだったので、途中で他の場所も脱毛しました。
背中の毛も気になっていたので背中の脱毛もしてもらうことにしました。
これで水着でも後ろからの視線に耐えられると思えました。

睡眠薬を内服しています

2年前に娘を出産し、授乳をして夜中に何度も起きるようになったことで、睡眠リズムが乱れて不眠になりました。産後うつになってしまったこともあるかもしれませんが、身体は疲れているのに眠れずに、翌日まで疲れを持ち越す日々が続いていました。

耐えきれなくなった私は、心療内科を受診して睡眠薬を処方してもらいました。
睡眠薬を飲むとすぐに寝つけるので、薬の力は大きいなと感じました。
飲み続けていても脳への影響などはないと聞きましたが、やはり副作用が気になりますし、自然に眠れるにこしたことはないかなと思います。

その為一錠飲んでいた薬を4分の3に減らす、2分の1に減らすなど、2年かけて徐々に減薬している途中です。睡眠薬はふらつきや眠気が残るなどの副作用がありますが、作用時間や強さなどが選べるので、自分の症状を伝えて医師にそれに合ったものを処方してもらうことができます。

私は良くなってきたのでこのまま薬を切れるようにしていきたいと思っていますが、眠れずにこまっている時には睡眠薬は非常に役に立ちました。

ロキソニンSを常備

私が、市販薬の中で、とりあえず常備しておけば安心だと思っている薬があります。それは何かというと「ロキソニンS」という解熱鎮痛薬で、これはいわゆる痛み止めの薬です。

私がこの薬を買うきっかけになったのは、半年くらい前に突然の歯痛に見舞われたからです。そのとき、歯医者から処方されたのがロキソニンでしたが、ロキソニンは市販薬でもあるため、痛みがおさまった後でも、またいつその激痛が襲ってくるのかわからないと思い、私は常備しているというわけです。

こういった痛み止めというのは、痛みの原因そのものを治すものではなく、とりあえず痛みを止めるという言わば対処療法ですが、それでもあるとないとではずいぶん違います。私は、その歯痛に襲われたとき、まったくと言って良いほど眠れませんでしたが、ロキソニンを服用すると痛みが引いてきちんと眠れるようになりました。

このように、あると便利な薬がロキソニンなので、これからも常備していきたいと思っています。

脱毛をするためにしたこと

脱毛を経験したことがあります。
一般の方よりは毛深い方で、ずっと悩んでいたのですがホームページの広告でTRIAという家庭用レーザー脱毛機の存在を知り、購入してみました。

TRIAの公式ホームページでは、体験談や効果など詳しく書いてあり、とても信用できそうなサイトだったため、悩んだ末に購入したのですが、数ヶ月後にトラブルが発生しました。

この製品は充電式なのですが、使用しておよそ3ヶ月くらい経ったある日、いくら充電してみても、一発照射したあとに電源が落ち、その後はもう電源が入らないのです。

もう一度充電して、電源を入れ、照射してみても一発限りの照射しかできなくなってしまいました。
ネットでその原因を調べてみたのですが、詳しい事はあまり分からず、ただバッテリーの故障ではないかということが分かりました。

購入してから3ヶ月ではありますが、使用したのは10回未満だったように記憶しており、製品自体も非常に高価なものだったため、購入して失敗したなと感じています。

知らない人とのチャットも楽しい

私は半ばネット中毒みたいに1日中パソコンの前から離れることがないのですが、その中でも多くの時間を使っているのがチャットです。普段リアルで会っている友達とチャットすることもありますし、ネットだけの友達とチャットすることも多いです。

そして、ランダムチャットを利用することもあります。いつもの知り合いと気心のしれたチャットをするのも凄くいいものですが、たまに知らない人とチャットすることで、自分の知らなかった世界を知ることができ、色んな人がいるもんだなぁ、と感心したり、感動したりすることも多いです。

一番多く使っているのが、フェイスブックのチャットです。いつもの友達だけでなく、たくさんの海外の友人を作ってチャットすることができるので凄く気に入っています。次に多く使っているのが、LINEです。

好きになったきっかけは、あのキモかわいいキャラクターたちです。LINEの公式キャラクターが私の好みにぴったりだったので即ファンになってしまい、まだ使ったことがないという海外の友達にも奨めちゃいました。

簡単に借りてはいけない

以前、大手消費者金融からお金を借りていた時期があります。
借りたきっかけは、たいして貯金もないのに実家暮らしをやめて一人暮らしに踏み切ったため、
その引越し資金を借りたくて契約をしてしまいました。

都内のJRの駅の近くの窓口であっさり契約は終了し、すぐ10万円借りました。
給料が入ったら2万円ずつ返済をすれば半年で全部返せるな、という計算だったのですが、
一人暮らしを始めてすぐでお金のやりくりが下手だったことと、
自由な生活を手に入れて友達と夜遅くまではめをはずしたせいで、
毎月の最低返済額だけチョコチョコと返すような事が続いていました。

結局だらだらと返済するのが1年半くらい続いた頃、
このままじゃきっとすごい利息を払い続けるんだと気付き、
1ヶ月ギリギリに生活費を切り詰める覚悟で残りの額を全額まとめて返済しました。

その時にしみじみ思った事は、簡単に借りてはいけないという事と、
お金は必要なだけ溜めてから使うべきだという事です。

チャットの良い点・悪い点

暇な時間、あなたは何をしていますか?
私はそんな時、チャットをしていました。
友人同士でチャットをするのも楽しいですが、知らないもの同士でチャットするのもいいものですよ。
スカイプとかメッセンジャーだとちょっと怖いですけどね…。
24時間開いているチャットルームに入り、最初は知らない人だらけで緊張しますが、常連さんになれば友人も出来ます。
その出来た友達が、すごく付き合いの長い友達になったりするんです。
実際、もうチャットで出逢って10年以上の付き合いの友達がいます。
これが良い点です。
逆に、悪い点は荒らしなどが出ることです。
そこのチャットは管理人がおらず、自分達で対処するのですが、無理に対処しないのが一番ですね。
荒らしは大概構ってくれというサインな事が多いので、放置しておけば諦めて消えることが多いです。
後は出会い系と勘違いしている輩もいるので要注意。
話す人は選びましょう。

このようにチャットには良い点も悪い点もありますが、楽しむためには自分自身のマナーも大切です。
自分が荒らしと間違われないように、マナーを守って楽しみましょう。

ヘアケアの基本、頭の洗い方

薬局やホームセンターに行ってみますと、育毛剤が山のように並んでいるのをよく見かけます。確かに育毛をする際には育毛剤が不可欠ですが、その前に行うシャンプーが重要になってきます。

それではどのように頭を洗えばよいのか。それは頭皮を揉み込むように洗うことです。
私も一時期、よく汚れを落とすために爪を立てて洗っていたことがございます。しかしこれは逆効果になります。爪を立てることによって頭皮にダメージを与えてしまい、育てる環境を自身の手で破壊してしまいます。反対に揉み込むように洗うと、頭皮をマッサージしているのと同じことですので頭皮の血流を良くします。また頭皮に溜まった余分な油や汚れを出してくれるため、洗浄方法としてはこれが一番良いです。

このように頭皮を揉み込むことによって頭皮を傷つけることなく、頭皮の汚れを落とすことが出来ます。その後に育毛剤を利用すると非常に効果的ですので皆様もぜひお試しいただければと思います。

頭皮の汚れは良く洗い、良く流す!

髪は洗いすぎると傷みます。夏場でも毎日洗う必要はありません。しかし、洗うときはお湯で良く汚れや皮脂を浮かせてからシャンプーを使う必要があります。

皮脂をお湯である程度溶かしてからでないと、いくらシャンプーを使っても頭皮の汚れが落ちきらず、毛穴が詰まったままで抜け毛の原因になります。市販のシャンプーは濃い物が多いので、私は3倍から4倍に水で薄めた物を使用しています。

シャンプーは洗い残しがあると、これも痒みや抜け毛、臭いの原因になりますので、しっかりとお湯で流しましょう。最後にリンスですが、私は食用のレモン果汁を使用しています。大量に使うわけでは無く、頭頂部と毛先に数十cc程度垂らして、髪の毛全体に行き渡るようにします。

この後もしっかりとすすぎます。最近は洗い流さないトリートメントなども販売されているようですが、私は一切使用しません。髪の毛には余計なものがついていないのが一番良いと美容師である母が常々言っているからです。

シャンプーを薄めて使うことで髪の毛への負担を減らすことができると教えてくれたのも母です。母は既に還暦を過ぎていますが、今でも髪の毛はふさふさで、むしろ多くて夏場は暑くて困っている位です。ですので、髪の毛に関する母の言葉は私にとってとても説得力があります。

あんず油が大好きです

ヘアケアに、柳屋の「あんず油」をかれこれ4、5年使用しています。

タオルドライ後にあんず油適量を髪の毛になじませて、
ドライヤーをかけているのですが、
髪の毛がさらさら綺麗にまとまりますし、髪の痛みも軽減しました。
美容師さんにも、デジタルパーマをかけている割には、綺麗といわれます。

また、スタイリングの際にも、髪にちょっとなじませるんですが、
まとめたりはできないものの、艶がでてすごく良いです。
余計な成分が入っていないので、髪の毛だけでなく、
地肌などにもやさしい気がして、安心して使用しています。

ちなみに以前はずっと「つばき油」を使っていました。
こちらもすごくよかったのですが、
割りとべたつきやすく、ほこりなどが髪につきやすかったのですが、
「あんず油」はさらっとしたつけ心地でべたつきません。

…といっても、やっぱりつけすぎるとべたっとしますね。
先日もつけすぎて失敗。
前髪がべちゃっとなってしまいました。
オイルならではの特性かなと思います。
「あんず油」、おススメですが、慣れるまでは注意が必要かなと思います。