ネイル大好きお役立ち知恵袋

シャンプー選びのコツとは?

シャンプーは頭皮を洗う事が目的です。頭皮の余分な皮脂、汚れ、付着している埃などを除去していきます。そこでシャンプーを選ぶときにどのようにして、判断していますか。メーカーの広告やコマーシャルなどに影響されたり、判断している方も多いかもしれません。 

イメージ的なものに左右されてしまいますが、シャンプー選びの判断は配合されている成分が重要です。シャンプーの主な成分で2番目、3番目に記載されているのが、洗浄基剤である事が多いです。洗浄基剤とは海面活性剤の事で、洗浄基剤が何かによってシャンプーの性質のほとんどが決まります。

もちろん、その他の成分との相乗効果もあるため一概には言えませんが、一つの判断基準となります。洗浄している時の泡立ちの良さなども洗浄基剤が影響します。そのため、市販のシャンプーのほとんどが泡立ちなどを重視しているため、比較的洗浄効果は高いものです。

しかし、洗浄効果が高い事で、頭皮には刺激が強すぎたり、乾燥を招くこともあります。頭皮へのケアを重視したシャンプーを選ぶ場合には、アミノ酸系のシャンプーか、天然由来成分のシャンプーを使用すると良いです。アミノ酸系のシャンプーの場合洗浄力は強くないですが、頭皮に刺激が少ないため、朝、夜など一日に複数回シャンプーする人でも頭皮を傷める事がないので、おすすめです。

アミノ酸系のシャンプーは、プロ仕様と言う場合が多く美容サロンなどで取り扱っている事が多いです。

プチ整形のメリット

美容整形のなかでも、プチ整形をやっている人は増えてきました。昔は二重手術といえば、切開手術が主流で、料金もかかり、ダウンタイムも長くかかってしまうということもありました。

もちろん、その反面メリットも大きいです。切開の二重手術は、プチ整形と比較して長持ちしやすく、ほぼ一生キープされる場合が多い点です。プチ整形は、二重手術の場合では、切開手術に比べて料金も約半分で、比較的やり直しも簡単である点はメリットです。

ただし、瞼の厚い人には向いておらず戻りやすいという点も考慮しなければなりません。瞼が特別に分厚くなければ、糸で二重を作るプチ整形の方が、仕上がりはきつくなく自然になる場合も多いです。プチ整形の二重手術の場合は、瞼の裏側まで糸を通す方法と、瞼の中で糸を留める方法があります。

後者の方が眼球への負担ないはずなので、できるなら、こういった手術方法をとっている病院を選択することも良い方法です。ほうれい線は、昔はフェイスリフト手術での解決策が多かったですが、今は、ヒアルロン酸注入という簡単なプチ整形方法で、なまずのようなほうれい線を解決することができるようになりました。

何度かヒアロンサン注入を打っていくうちに、吸収率が低下して、安定していくことも大きな特徴です。

ママ友から学んだ美しさ

少し前までは、何のためにメイクをしているのかわからなくなることがよくありました。専業主婦で外出するといっても近所のスーパーや子供の通院、習い事についていく程度でおしゃれをする意欲が薄れていました。

しかし、オシャレなママ友が出来たことで私の意識も少しずつ変わってきたのです。そのママ友は美人です。しかし、美人なだけではなくとても魅力的な人でした。持っているバッグや履いている靴も素敵で、細身なのですべてスマートに見えてしまいます。

普段ならそこでへこんでしまうところですが、ママ友は私のいいところを見つけてくれて褒めてくれるのです。褒め上手なので私もすっかりその気になってしまい、服装や小物選びが楽しくなり、色々と気を遣うようになりました。自宅にお邪魔することがあり、丁寧な生活ぶりをみてすっかり感心してしまいました。

その人を全部真似することは出来なくても、少しだけ私にも出来そうなことを取り入れることにしたら毎日の生活が楽しくなってきたのです。それは家族にも伝わり、子供たちの反応も変わり、普段は何も言わない主人もちょっと褒めてくれるようになりました。

何より自分が楽しくなったという点が一番大きいです。今はメイクをすることはもちろんのこと、ヘアスタイルを変えてみたりして楽しめるようになりました。

コメントは停止中です。